30代向けのタイの求人

タイ求人TOP >> 条件別のタイの求人 >> 30代向けのタイの求人

30代向けのタイの求人

30代の方でタイ語ができなくても英語が日常会話程度、話せればタイではいくらでも仕事があります。もちろんタイ語が喋れたり英語がビジネスレベルの方にとっては、好条件で仕事を見つけるチャンスがさらに広がります。今タイには新たな市場を求めて日本から。多くの企業が次々と進出して来ています。

これまでトヨタなど大手自動車メーカーなどの製造業を中心にタイに進出していた日系企業ですが、急速に進む日本国内の少子高齢化からさまざまな業種の日系企業がタイに進出しています。そのためタイ語ができない方でも日常会話程度の英語ができれば、製造業だけでなく商社や物流などの営業職の求人が、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに数多く掲載されています。

最近では日本国内のJT(日本たばこ産業)が2013年3月期に過去最高益を上げているにも関わらず、国内の9ヶ所ある工場のうち4つの工場を閉鎖する大規模なリストラに踏み切り多くの人に衝撃を与えました。これまでであればソニーやパナソニックのように経営の悪化から社員をリストラすることはあっても、過去に最高益を上げている企業が大規模なリストラを行うなどなかったからです。

2012年の政権交代後に行われた経済政策で日本国内の経済も回復の傾向にありますが、多くの日系企業の海外進出は止むどころかますます増加の一途を続けています。特に尖閣諸島をめぐる問題で関係が悪化している、中国への投資を嫌い多くのお金が今タイへ流れています。それに伴ってタイへ進出する日系企業の数も増えるばかりです。

そのため今タイでは日本の優秀な人材を求めていて、特に経験やスキルがある30代の方の需要が高い傾向があります。タイ語ができなくてもある程度の英語ができれば、むしろ意欲や人物面の評価が重視されます。ただ厳しいようですが日本で仕事がうまくいかない方が、タイで仕事がうまくいくほど甘くはありません。

ただ日本でそれなりの経験や実績があり英語がビジネスレベルの方であれば、日系企業だけでなくタイの外資系企業で働くチャンスもあります。タイなど海外で仕事を行うのであれば環境や習慣も日本とは異なり、言葉だけでなく様々なことに適応できるかどうか不安も大きいと思います。しかし30代の方にとってはタイでの仕事の経験が、今後のご自身のキャリアアップにつながることだけは間違いありません。大事なことは、勇気を持って最初の1歩を踏み出すことです。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.