アユタヤの企業のタイの求人

タイ求人TOP >> 条件別のタイの求人 >> アユタヤの企業のタイの求人

アユタヤの企業のタイの求人

アユタヤはタイの中部に位置するアユタヤ県の、アンプーと呼ばれる郡の一つで、県庁所在地でもあります。アユタヤ王朝の首都として発展し14世紀の中頃から18世紀の頃までは、日本の武士であった山田長政がアユタヤの日本人傭兵隊に参加し頭角を表し、アユタヤの郊外にあった日本人町の頭領となりました。スペイン艦隊のアユタヤ侵攻に2度も勝利した山田長政は、アユタヤー王朝の国王からの信任を得てシャムの王女と結婚しています。

アユタヤには多くの工業団地がありその中でも1989年から開発が始ったロジャナ工業団地には、ホンダやニコンやミネベアなど自動車メーカー・自動車部品メーカー・電気や電子関連企業・食料品メーカーなど、現在218社が入居していますがそのうち147社が日系企業です。ロジャナ工業団地はタイ財閥であるウィニットブット家と日鉄住金物産の合弁企業で、タイの民間資本の工業団地では最大規模を誇っています。

ロジャナ工業団地は資本金が7億1400万バーツですが、日本の住金物産が21%を出資し残り70%をウィニットブット家が出資しています。ロジャナ工業団地内の敷地の広さは77万平方メートルで、これは東京ドームの約60倍の広さになります。アユタヤの市街地から約7kmの距離で、タイの首都のバンコクからも約70kmの距離で車でおよそ1時間と近いので、ロジャナ工業団地で働く多くの日本人はバンコクから車で通っています。

アユタヤにはこの他にもサハラタナナコンなど7つの主な工業団地がありますが、2011年7月から3ヶ月以上続いた洪水でロジャナ工業団地をはじめ全ての工業団地が水に浸かりました。11月5日の時点で446人が死亡し230万人以上が影響を受け、被害の金額は1567億バーツで日本円で実に約4,000億円という莫大なものでした。アユタヤにある7つの主な工業団地も最大でメートルの高さまで水が浸水し、1ヶ月以上も水が引かずに工業団地に入居している日系企業に大打撃を与えました。

台風や地震など自然の災害による経済損失額の大きさでは日本の東日本大震災や阪神大震災や、アメリカで起きたハリケーン「カトリーナ」に次いで史上4番目に大きなものでした。タイにはアユタヤの工業団地の他にもトヨタ自動車のサムロン工場やゲートウェイ工場やチョンブリー県にあるクボタなど、タイに進出している3100社以上の日系企業のうち460社が被害を被っています。

アユタヤの企業の日本人の求人はリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントにも掲載されています。今ではアユタヤもすっかり洪水で受けた被害も回復して、以前と変わらない様相を見せています。アユタヤの街は静かで歴史がある、とても雰囲気があるいいところです。工場がほとんどなのでエンジニアの方の求人が多く、もし興味があれば当サイトに掲載されているような、転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.