バンコクの企業のタイの求人

タイ求人TOP >> 条件別のタイの求人 >> バンコクの企業のタイの求人

バンコクの企業のタイの求人

年間にタイを訪れる日本人観光客数は100万人を超えていて、その多くが人口約828万人のタイの首都バンコクを目的に、日本から毎年やってきます。タイの国勢調査によると日本の約1.4倍の面積があるタイには約6,593万人が住んでいますが、首都バンコクにはその約13%を占める人が住んでいることになります。

しかし実際にはタイのイーサーンと呼ばれる、東北部からの出稼ぎの人々の流入人口を入れるともっと多いと考えられます。バンコクの気候は年間を通じて最高気温は33℃前後で、最低気温も11月から2月のやや涼しい乾季でも、20度前後と比較的に過ごしやすいのが特徴です。タイの気候は乾季の他に3月から5月にかけての暑期と、6月から10月にかけての雨季の3つの季節に分かれています。

タイの暑期はとても暑く最も暑いといわれる4月13日から15日にかけて、ソンクラーンと呼ばれる水掛け祭りがバンコクでも行われます。この時期はタイの旧正月でありタイでは祝日になっていて、いつもは渋滞のバンコク市内もこの時期だけは道路もガラガラです。市内の至る所で水を掛け合っていますが、特にシーロムやカオサン地区では、何万人という人が集まってこのお祭りを楽しんでいます。

タイの国家経済社会開発庁が2013年8月19日に発表した、2013年度半期の実質GDPは前年同期比で2.8%の増加で4.3%でした。また2013年度7月のタイの失業率は0.9%で、これは半年前の1月と比べると0.8%から0.1ポイント上昇しています。それでも失業率が1%を切る低水準で推移するタイの経済には勢いがあり、こうした背景にはタイの中間所得層と呼ばれる層が大幅に増えたことが挙げられます。

タイにはこれまでは富裕層と貧困層の、2つの層しかなかったと言われていました。しかしここ最近ではタイの著しい経済発展から、新たな中間層が生まれています。そのため自動車や住宅を購入する人が増え、タイの消費の原動力になっています。この新たな市場を求めてタイへ進出してくる日系企業が急増していて、バンコクの企業の日本人の求人もそれに伴って増えています

バンコクの企業の日本人の求人はリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントにも数多く掲載されています。もしバンコクの日本人向けの求人に興味があるのであればこれらの転職エージェントに登録すれば、一般には公開されていない求人情報なども紹介してくれます。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2017 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.