語学力不問のタイの求人

タイ求人TOP >> 条件別のタイの求人 >> 語学力不問のタイの求人

語学力不問のタイの求人

タイにはトヨタやホンダなどほとんどの自動車メーカーや自動車部品メーカーの他に、IT企業や食料品メーカーなどありとあらゆる業種の3100以上の日系企業が進出しています。以前は安い賃金と投資が少なくすむことから日本から進出してくる企業も工場が多かったのですが、最近は日本国内の市場に陰りが見え始め、発展が著しいタイの市場を求めてくる日系企業が目立って増えています。

そのためこれまでは工場長や生産管理の仕事や、工場で働くエンジニアには専任のタイ人の通訳が付いたりしていました。今でもトヨタやホンダなどの大手の自動車メーカーなどでは、日本語が喋れたり日本語の翻訳ができるタイ人スタッフが何人もいます。また社員が10人以下の小さな日系企業にもたいていは、日本語が喋れるタイ人従業員が1人はいます。

またこれまではタイの日系企業の多くが同じ日系企業をクライアントにしている場合がほとんどで、営業も日本語でのやりとりで行われてきました。そのためタイの日系企業で働く場合は、多少の英語が喋れる程度でタイ語は全く喋れない日本人もたくさんいます。実際に日本から来る日系企業の駐在員でも、最初からタイ語が喋れる日本人はほとんでいません。

ただ現地採用の場合はタイ語がある程度は喋れる日本人の求人が目立ちますが、なかには全く語学力不問の求人も結構たくさんあります。例えばここ最近タイに何社か進出して来ていますが、コールセンターで働く日本人が最低でも数百人はいます。このコールセンターとは日本国内にある大手通販企業の加入申込受付や、ネット販売やプロバイダなどの受付やお問い合せをタイで行うオペレーター業務のことです。

そのほとんどがタイの首都のバンコクにありますが、業務内容は日本国内にあるコールセンターと全く同じです。ただ日本国内から加入の申込やお問い合せをするお客さまは、まさか自分が掛けた電話がタイで受付ているとは思ってもいません。タイのコールセンターの求人はオペレータースタッフの場合は現地採用ですが、アシスタントスーパーバイザーやスーパーバイザーの求人はリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントで正社員として募集しています。

勤務時間は実働8時間の2交代制か3交代制のシフト制で週休2日で、ほとんどタイのコールセンターでは社内で無料のタイ語のグループレッスンの受講ができます。ただ現地採用の場合は給与が2万5000〜3万5000バーツと日本円で10万円前後と安いので、日本の転職エージェントを利用することをお勧めします。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.