タイの金融機関(銀行など)の求人

タイ求人TOP >> 職種別のタイの求人 >> タイの金融機関(銀行など)の求人

タイの金融機関(銀行など)の求人

普通はタイに観光で訪れる場合には、タイの銀行で口座を開く必要性は全くありません。しかし観光でタイに来られた方でも、タイの銀行に口座があればとても便利です。日系銀行もバンコクにはタイに最も早く進出した三菱東京UFJ銀行の他にも、三井住友銀行とみずほ銀行がありますが、銀行口座の開設は原則的にワーキングビザが必要になります。

また三菱東京UFJ銀行の場合はサートンと呼ばれる地域にあり、三井住友銀行とみずほ銀行もシーロムと呼ばれるビジネス街にあります。そのため日系銀行は確かに日本人の行員や日本語を喋れるタイ人スタッフがいて安心ですが、ATMの利用はこれらの地域に限られていてとても不便です。

そのためバンコクの至る所にあるバンコク銀行やカシコーン銀行などの、口座開設ができればとても便利です。しかしタイでワーキングビザを持っていない人が銀行に口座を開くのは難しく、バンコク銀行ではノンイミグラントビザやワーキングビザがない場合は在タイ日本大使館発行のパスポート記載証明の添付が必要としています。

しかし実際には日本大使館側は当初そのような証明は発行できないと言って、観光客がタイの銀行に口座を開設することは今も困難です。これはバンコク銀行だけでなく、カシコーン銀行など他の銀行でも同様です。ただ50歳以上の方のためのロングステイビザ発給のためには銀行口座の開設が必要となり、今では在タイ日本大使館では銀行口座開設用の証明書を新規に用意しています。

バンコクには日系銀行の他にも三井住友フィナンシャルグループの完全子会社のプロミスを、ショッピングモールやデパートの中でよく見かけます。テレビでもプロミスのコマーシャルが放送されていますが、タイでは金銭の貸し借りでトラブルになり殺人事件まで起きています。そんなタイでお金を返済できない人に、どうやって返済の催促をしているのか気になります。

タイの金融機関の求人ですが最近カシコーン銀行では、日系企業へ向けたさまざまなサービスを始めています。そのため日本人専門のコールセンターもあり日本人の行員や、日本語を喋れるタイ人が電話に出ます。今のところはカシコーン銀行だけですが、タイへ進出する日系企業が増えているので、今後はタイに住む日本人へ向けたさまざまなサービスを始める銀行も増えると思われます。

もしタイの金融機関の求人に興味があるのであればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して相談されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者がタイの詳しい、金融機関の求人情報を知っているかもしれません。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.