タイの事務系の求人

タイ求人TOP >> 職種別のタイの求人 >> タイの事務系の求人

タイの事務系の求人

タイで事務系の仕事をする場合でも駐在員として働くのと、現地採用とでは給与などにも大きな違いがあります。駐在員とは日本本社で採用されタイなど海外へ出向になり、現地採用とはタイの求人を見て応募して採用されることです。ただ駐在員も現地採用もどちらも正社員で、仕事の内容には大きく差はありません。

しかし駐在員の場合は日本円と現地の通貨で別々に支給されるケースが多く、マンションの賃貸料なども会社負担のところがほとんどです。それに対して現地採用の場合だと、事務系の求人であれば月に50.000バーツ前後が普通です。もちろんアパートやマンションの部屋の家賃は自己負担なので、どうせタイで事務系の仕事をするのであればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して探した方がぜったいに得です。

ただ駐在員としての事務系の求人情報はあまり、日本の転職エージェントにも掲載されていません。これは駐在員の場合は日本の本社である程度の経験や、実績がある社員が海外へ派遣されるのが一般的だからです。つまり日本の会社の事務系の社員をタイなど海外へ派遣することもあまりなく、もし現地のタイで日本人の事務系の人材が必要であれば現地採用として募集を行います。

そのためタイの事務系の求人も現地採用としてであれば、日本の転職エージェントにも掲載されています。またタイなど海外での求人の場合は日本での求人と比べると、選考も早く比較的スピーディに進みます。これは海外の場合は選考から内定までをスピーディに行い、その後のビザの申請やタイでの部屋探しなどの準備に最低でも1ヶ月程度は必要になるからです。

なかにはすでにタイ在住の方が日本の転職エージェントを通じて現地採用の求人に応募する場合もあり、その場合には1ヶ月以内に内定が決まることも珍しくありません。もし貿易会社や商社などでの事務の経験があれば、転職エージェントの担当者を通じて給与の交渉などを代行してもらうことは可能です。

やはりどこの会社や企業でも事務系の求人では、経験者や優秀な人材を求めています。特に会計事務ができて英語やタイ語の読み書きができる人材は少くないので、日本の転職エージェントに登録されることをお勧めします。例え最初は現地採用であってもタイの事務やその業界のことに精通したり、英語力やタイ語力をアップさせればさらに好条件での転職も夢ではありません。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.