タイの語学学校の求人

タイ求人TOP >> 職種別のタイの求人 >> タイの語学学校の求人

タイの語学学校の求人

タイに長期滞在するためには当然なことですが、観光ビザやワーキングビザが必要になります。タイには日本人の場合だと、ビザなしでも30日間の滞在が可能です。日本人の場合だと書いたのは、国によってビザが必要になったり、その期間も違ってくるからです。そのためもし日本人がタイに30日以上滞在したい場合は、観光ビザの申請をすれば60日間の滞在が可能になります。

しかしタイへの入国ビザに関す法律の改正が行われもしビザなしであれば、タイに滞在できる期間の上限が半年間で90日間に制限されました。ただ日本人の観光ビザでの滞在日数は従来通り60日間で、希望すればタイのイミグレーション(出入国管理局)で30日間の延長も可能です。ビザなしでのタイへの入国を制限しているのは、実はタイに長期滞在する外国人を締め出すためです。

タイには日本人も含めて多くの外国人が住んでいて、1ヶ月ごとにラオスやカンボジアなどの隣国へ陸路で出国しまたタイに戻ってきます。ただ最近は法律の改正が行われたために、観光ビザを申請する外国人が増えています。観光ビザもシングルとダブルとあり、シングルだと60日間の滞在が可能で延長も30日間できます。ダブルの場合だと1度カンボジアへ日帰りで出かけ、合計で180日間タイに滞在することができます。

この他にも日本人が取得するタイのビザにはノンイミグラントビザと呼ばれるワーキングビザや、50歳以上の方のためのロングステイビザやEDビザと呼ばれる学生ビザがあります。タイのバンコクにはタイ語だけではなく、英語などの語学学校がたくさんあります。もちろんなかには真面目にタイ語や英語を学んでいる学生もいますが、なかにはEDビザを取る目的で入学する外国人も少なくありません。

そのため語学学校の中にはお金さえ払えば通学しなくて済むような所もあり、最近ではそういった不正を防ぐために1年以上はEDビザが取れなくなってきています。ただ同じタイの語学学校でもタイ人が学ぶ、日本語学校の場合だとずいぶんと事情が違ってきます。タイの日本語学校の場合だとタイ人が対象なので、EDビザの発行など必要なく純粋に日本語を学ぶタイ人ばかりです。

タイの語学学校の求人ですがタイ語学校だと日本人からのお問合せや、メールの返信などを行うスタッフの募集です。日本語学校の場合だと日本人講師の募集ですが、もしタイの語学学校の求人に興味があるのであればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して相談されてみてはいかがでしょうか。きっと見つかると思います。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.