タイの不動産の求人

タイ求人TOP >> 職種別のタイの求人 >> タイの不動産の求人

タイの不動産の求人

タイには日本にあるようなアパートやマンションの賃貸や、土地の売買の仲介をする不動産屋さんなどは存在しません。ではタイでは一体どうやってアパートやマンションの部屋を探すのかといえば、住みたいと思っている地域を歩き回り気になったアパートや、マンションの事務所を訪れて部屋が空いているかどうかを確認します。

どのアパートやマンションも部屋代や、空き部屋有りと書かれていますが、これは全く当てになりません。また部屋の家賃も実際にはいくつも、部屋のタイプがあるので部屋の家賃もさまざまです。タイ人が住むようなアパートやマンションは、バンコクでも家賃が月1500バーツ(日本円で5000円程度)から有ります。

もちろこの家賃では部屋にはクーラーも何もなく、トイレと水のシャワーが付いているぐらいです。現地採用の日本人が住んでいるのは家賃が月6000バーツ(日本円で2万円程度)ぐらいからで、部屋にはクーラーは付いているのが普通です。これにテレビや冷蔵庫が付けば別途レンラル料としてそれぞれ月500バーツぐらい掛かります。

それでも最低月6000バーツのアパートであれば24時間体制で、ヤームと呼ばれる警備員が交代でいます。またアパート入り口にはセキュリティカードがないと入れませんし、各階には管理カメラが備え付けられています。インターネットも無料か、月500バーツぐらいで使用できます。月8000〜10000バーツ程度のアパートであれば、プールやフィットネスも付いています。

タイには日本にあるような不動産屋さんなどは存在しないと書きましたが、日本の駐在員向けのマンションの賃貸や店舗専門の不動産屋さんはあります。ただタイには不動産屋さんという業種がないので開業には、旅行業のようなタイ政府の許可は必要ありません。そのため日本人がタイで不動産業を行う場合には現地に法人を設立して、事業内容にアパートやマンションの賃貸や土地の売買の仲介と記載するだけです。

日本人が経営しているタイの不動産会社はバンコクだけでなく、多くの日本企業が進出しているシーラチャやパタヤなどのリゾート地にもあります。ただほとんどが個人経営なのでもしタイの求人に興味がある方は、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して探してみてはいかがでしょうか

ビジネスレベルの英語が喋れるのであれば、外資系企業がコンドミニアムの開発など行っています。最近では日本人に向けた営業にも力を入れているので、日本人の求人などもあるかもしれません

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.