タイの旅行会社の求人

タイ求人TOP >> 職種別のタイの求人 >> タイの旅行会社の求人

タイの旅行会社の求人

年間に100万人以上の日本人観光客が訪れるタイは、世界の中でも最も日本人に人気がある国の一つです。そのためタイの首都バンコクには大手のH.I.SやJTBだけでなく、多くの中小の日系旅行会社が存在します。バンコクにはカオサン通りと呼ばれる有名なエリアがありわずか300メートルほどの通りに、世界中から集まるバックパッカー向けのゲストハウスが軒を並べています。

カオとはタイ語でお米のことですが、元々カオサンにはタイの米問屋が集まっていました。それがベトナム戦争が終わった頃から世界中のバックパッカーが、カオサンに集まり情報交換するようになりました。そのため当時のカオサンには航空券が安く購入できる、国際学生証などを偽造をしてくれる怪しげな店なども多数ありました。

当時は今のようにインターネットで安い航空券が買える時代ではなかったので、カオサンに集まり安い航空券を購入していました。1990年代の前半にカオサンに日本人初の旅行代理店「MPツアー」がオープンしました。MPツアーは日本人の森浩一さんとタイ人妻のパンワさんが、2人の名前の頭文字から付けた日系の旅行会社です。

タイの日系旅行会社では老舗とも言えるMPツアーですが、経営不振から2012年1月11日に突然にように会社を閉めました。この背景にはインターネットの普及で格安の航空券が、誰でもかんたんにネットで買えるようになったことが考えられます。MPツアーがカオサンに旅行会社をオープンした当時は今のようにインターネットも普及していなくて、日本の夏休みなどは多くの学生がカオサンを訪れていました。

外国人バックパッカーも多かったカオサンには英語ができるスタッフがいる旅行会社はあっても、日本人経営の旅行会社はMPツアーしかありませんでした。そのため1990年代から2000年前半までは、MPツアーの売り上げも右肩上がり状態でした。しかし2000年前半を過ぎると日系旅行会社大手のH.I.SやJTBだけでなく、多くの日系の旅行会社が次々にバンコクにでき始めました

タイの日系旅行会社には多くの日本人が働いていて、日本人の求人も常に目にします。ただ旅行会社の勤務経験者やビジネスレベルの英語力やタイ語など、語学力が必須条件のところがほとんどです。もしタイの旅行会社の求人に興味があればリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

タイで日本人が職を探せるサイト比較!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
お勧め度 ★★★★★
タイへの転職支援実績 ☆☆☆☆☆
公式ページ 詳細



Copyright (C) 2014-2018 タイ求人ガイド<※海外転職をサポート> All Rights Reserved.